話題の目元スキンケアについて思うこと

眼のまわりを被っている膚は非常に薄いため、些細なメイクなどの摩擦でも膚トラブルに繋がり易いデリケートな場所なのです。顔のパーツの中でも眼元は乾燥小皺が寄りやすく、悩んでおられる方も少なくないとないでしょうか。

瞼や目尻にちりめんじわが出来てしまうという理由はライフスタイルによってさまざまで、mascaraやペンシルアイライナーといったメイクアイテムをきちんと落とすことが不充分なために素肌に負担を与えていたり、洗浄力のパワフルなクレンジング剤を使っていたり、洗いすぎててしまう事で肌に必要な成分まで洗いながしていたり、洗顔後の保湿が不十分なあったりすることがあげれられます。また、パーソナル・コンピューターやスマホの長時間の使いすぎは眼に負担となってしまい、不規則でバタバタした生活サイクルや徹夜が重なってしまうことによって目の疲れが取れない原因に繋がっていってしまいます。するとこの眼球疲労も眼元のシワの原因となるので気をつけなければなりません。

これらの習慣の積み重ねで起こる眼元の皺を増えないようにするためには、メイクを落とす際には必ずアイメイク専用のクレンジング液を使用するようにして、マスカラがきちんと落ちてない所のないよう優しくすすぎます。そのほか、うるおい成分働きがあるceramideやCollagenなどが豊富に入っされたオールインワンゲルなどを使ってしっかり丁寧にskincareを行っていきます。目元専用の保湿クリーム等も有効なのでおすすめです。

眼の疲れを少しでも軽くするためには、ホットタオルを当てて血流を良くしたり、スマホ等を使う際にはちょっと休憩をするなどといったことも目に良いと言われています。その他の眼の疲れを和らげる方法としては、紫外線予防に日焼け止めクリームを塗ったり、紫外線をブロックするサングラスをかけて出かけるなどどいった事もたいへん紫外線対策に有効になります。また、眼元をこすらないように意識することも簡単にできる疲れ目予防と言えるのではないでしょうか。